日本の運転免許証をNAATIで翻訳する方法

working holiday

みなさんこんにちは!

2023-2024
オーストラリア ワーキングホリデイの情報を発信しています✊

今回の記事はコチラ

▽  ▽  ▽

日本の運転免許証を❝NAATI❞に翻訳してもらう方法

まずはじめに・・・
オーストラリアに3ヶ月以上の滞在
運転をするには免許証の『英文翻訳』が必要です!

その英文翻訳をしてくれるオーストラリア国家資格者NAATIです!

早速翻訳方法をご紹介していきます💨

NATTIのサイトで翻訳者を決める

サイトはコチラ▶▶▶https://www.naati.com.au/online-directory/

▼黄線部を選択
 『Need a translator or interpreter?』

▼黄線部を選択
 翻訳者『Translator』

▼黄線部を『Japan』選択すると
 日本語でやり取りできる方がでできます

リストに出てきた方へ連絡をします

翻訳者ごとに異なるポイント

基本的にはメールでのやり取りが多いと思います

本文はビジネスメールに近い内容で送れば問題ありません。
✔名前
✔翻訳理由
✔依頼内容
 ↳納期・金額・PDF納品の可否

私の場合は上記内容で連絡し、返信を待ちました。

翻訳者にもよりますが、比較的すぐに返信が来ます

💡納期
 翻訳者のスケジュールにもよります
 こちらもレスポンスよく対応すれば
 依頼から1週間以内で納品になるケースが多いです

💡金額
 ここが一番違うポイント!
 免許証の裏面に追記が多いとプラス料金になる翻訳者もいらっしゃいます!
 何名かに金額を聞いてみてもいいと思います😊

 私は追記多めだったので総額¥6,000ほどでした

翻訳の納品

私はPDFファイルでの納品をお願いしたため
メールに添付され送られてきました!

『NAATI』のロゴがしっかり入っているかチェックしてください👀!

PDFファイルを印刷し、出国まで大切に保管しました!
メールも消えないよう残しておいてください(^^)/